イベント事で有名な講師を呼びたい┃紹介業者を活用しよう

ウーマン

夏のパフォーマンス

太鼓

和太鼓の皮は牛革で作られています。洗練された牛革のめし、一定のテンションを掛けて引っ張り、胴へ貼り付けを行います。和太鼓の場合には「胴」と呼ばれていますが、西洋楽器によるドラムではボディーとも言える部品です。この胴部分に活用される素材によってもサウンドが大きく異なっており、また胴の直径サイズにも様々な大きさのものがあります。かつて胴に活用される素材にはケヤキが一般的に活用される事が多かったのですが、近年では国産材の減少に伴いケヤキ以外の樹木も胴材として活用されるようになりました。楽器に活用される樹木は湿気の影響を受けにくく硬質の材料が活用されるのが一般的です。このように、一見するとありきたりの和太鼓でも様々な工夫が凝らされ演奏に生かされているのです。

夏を盛り上げる和太鼓のパフォーマンスは、夏祭りやイベントなどで人気があるパフォーマンスのひとつです。ドンドンと突き上げるような演奏による低音の迫力は、和太鼓の魅力のひとつとなっています。和太鼓の演奏パフォーマンスは子供達から中高年までに人気がある演奏となっており、イベントなどのワンシーンとして注目を集めるパフォーマンスとなるでしょう。和太鼓はリズムを奏でる楽器であるため、音程の変化があまりなくシンプルで、なおかつ人間的な直感を働かせる音楽です。こうした理由からも大きなイベント会場でも目立つサウンドとなりやすくなります。大勢でピタリと揃えて演奏する和太鼓のパフォーマンスはなかなか見る機会が無いライブイベントでもあるため、注目を集めるパフォーマンスとなるでしょう。