イベント事で有名な講師を呼びたい┃紹介業者を活用しよう

ウーマン

自己啓発のきっかけづくり

講義

主催者側が気をつけること

育児や介護、教育など多様な社会問題を抱える現代において、我々は正しい知識を身につけながら判断し、選択する力が求められるようになりました。自己啓発のために講演会に参加し、有識者の考えを学ぶ意識の高い方も増えてきています。そんな講演会のニーズが高まる中で、講演会を主催する企業も多いですが、開催する側も正しい知識が必要になります。講演会には当然ながら、メインパーソナリティーとなる講師への依頼が必要ですが、依頼する人選は集客や実施後の評価にもつながるため、最も注意を払う必要があります。講師を派遣する企業も増えていますが、講師の知名度と講演会の質は必ずしも比例しません。そのため、事前に参加者のペルソナを仮定し、期待されるメッセージを的確に発信できる人物へ依頼することが重要です。

人気プログラムの特徴

講演会の特徴は、同じ空間内に特定のテーマに精通する有識者と参加者が集まり、知識や情報を共有できることです。例えば、昨今、依頼相談が伸びているという育児の分野であれば、子育てに知見のあるママ講師を招き、育児に悩みを抱える保護者層を参加者として募ります。講演の中で気になることや不明点があれば、その場で講師へ直接質問できる点もポイントです。講演会の中には、プログラムとして質疑応答やディスカッションの時間を設けている場合もあるため、こうしたセッションを通して意見交換をすることで、参加者は自身の知識を効率的に高めることができると言えます。講師が一方的に話をするだけでなく、参加者からも意見を発する、双方向のコミュニケーションを生み出す講演会に人気が集まっています。